SDガンダムBB戦士No.21 MSZ-006AI ゼータプラス

2020年10月15日

m3-c blog的おすすめ度

組み立てのしやすさ★★★☆☆意外とはめ込みがすんなりいかず手こずりました
塗装の難易度★★☆☆☆シンプルな配色だからこその難しさがあります
カッコいい!かわいい!★★★☆☆かわいいです!
形態変更等で楽しむ★★★★★3タイプ、そしてウェーブライダーにチェンジ!と当時としては盛りだくさんの内容でした
今キットを購入するには★★☆☆☆少々むずかしい
総合おすすめ度★★★★☆購入できればぜひ!

BB戦士 ゼータプラスのキットをご紹介

シリーズNo.21
デザインベース
登場シリーズガンダムセンチネル
発売1989年2月
価格300円
武器ビームスマートガン
特徴A1、A2、C1タイプの3形態が可能
ウェーブライダーへの変形も楽しめます

当時(1989年時小学5年生)はガンダム・センチネルの詳細をしっかり理解しておらず、ただ単純に「グレーのガンダムカッコいい~」と言って作っていた記憶があります。笑

ゼータプラスについて

Ζプラス (ゼータプラス、Ζ plus: Zeta plus)

初出は、模型雑誌『モデルグラフィックス』で1987年から1990年にかけて連載された小説『ガンダム・センチネル』。
反地球連邦政府組織「カラバ」および「地球連邦軍」で運用される可変MS (TMS) で、『機動戦士Ζガンダム』の後半主役機「Ζガンダム」の再設計機。変形機構の簡略化や運用領域を限定することで、より量産向けの機体となっている。『センチネル』に登場する宇宙用のC1型や、アムロ・レイが搭乗する大気圏内用のA1型をはじめ、多彩な機体バリエーションをもつ。

◆Zプラス(ユニコーンVer.)のHGUCキット

ゼータプラスのキットを開封、素組みしました

組み立て(素組み)にはニッパーとピンセットさえあれば!

塗装しました

塗装に使用した塗料等

シタデルカラーLAYERWHITE SCAR
タミヤカラーXF-24ダークグレイ
タミヤカラーXF-19スカイグレイ
タミヤカラーXF-69NATOブラック

◆塗装アイテム(筆+塗料+マーカー)

塗装の際の様子

塗装後

アムロ専用カラーにリペイント!

アムロ専用ゼータプラスについて

アムロ専用Ζプラス

登場作品は「ガンダム・センチネル」。
大気圏内長距離飛行用のゼータプラスA1型の、アムロ・レイ専用機。
赤と白のカラーリングが特徴。

カラバのガルタ級アウドムラに所属するゼータプラス隊の隊長機。
第1次ネオ・ジオン抗争で、アムロはこの機体を使用していた。

◆Zプラス(テスト機イメージカラー)のHGUCキット

塗装に使用した塗料等

シタデルカラーLAYEREVIL SUNZ SCARLET
シタデルカラーBASEABADDON BLACK
シタデルカラーLAYERWARP STONE GLOW
シタデルカラーBASEMACRAGGE BLUE
シタデルカラーLAYERWHITE SCAR

塗装の際の様子

塗装に際して 水性サーフェイサー(白)+トップコート

◆素組み~塗装前に一度かけている(水性塗料のノリを良くするため)

◆塗装後に仕上げとしてかけている

塗装後

◆ウエーブライダー

制作時の動画をYouTubeで見る

素組みの際の動画

塗装(1回目)の動画

塗装(2回目)の動画

合わせて読みたい記事

↓武者になると、、武者風雷主

この記事を書いた人
m3-c blog運営者

京都府出身、現在東京都江東区住まいの40代半ばのパパさんです。
コロナ禍もあって30年ぶりに模型製作に取り組み始めました。
1980~90年代にワクワクしたヒーローたちのホビーを中心に仕事の合間に飽きない程度に作って情報アップしています。

2020年10月15日

Posted by エムサンチャンネル