#140 SDガンダムBB戦士No.268 ジャスティスガンダムを作りました。素組みから塗装まで

2021年7月24日

部分塗装までやってみてのm3-c blog的感想

組み立てのしやすさパーツの数もさほど多くなく、左右さえ間違えなければ簡単に組めます。30分程度。
塗装の難易度塗装自体は難しくありませんでした
塗装に要した時間1時間程度で部分塗装は完了します
形態変更等で楽しむバリエーションバックパック(ファントムー00)の取り外し、フライヤー形態が可能
カッコよさ、かわいさ・フォルムHGに近い大きさまで来ていて迫力満点です
購入に向け総合おすすめ度黄色・白・グレーがあれば簡単に塗装できてしまいます。フォルムもカッコいいのでお奨め。
この記事のPoint☆

・SDガンダムBB戦士の、ジャスティスガンダムのキット
・ジャスティスガンダムのプラモデルの組み立て~塗装
・プラモデルを水性アクリル塗料でうまく塗る方法

ジャスティスガンダムのキットをご紹介

キットの概要

シリーズNo.268
機体番号・デザインベースZGMF-X09A
登場シリーズ機動戦士ガンダムSEED
発売2004年9月
価格600円
武器ビームライフル、シールド
特徴背部の巨大バックパック(ファントム‐00)がありますが自立・バランス抜群
フライヤー形態など、バックパックを用いた変形が面白い

バックパックを外して乗ることも可能。
高さも出て、ホントにリアルスケールと変わらないくらいの大きさになります。

↑キット開封時の封入状態

ジャスティスガンダムについて

機体・キャラクター

ジャスティスガンダム

機動戦士ガンダムSEEDに登場した、ザフト軍製核動力搭載型モビルスーツ。
パイロット:アスラン・ザラ。
Nジャマ―キャンセラーの搭載で核エンジンの使用が可能となった機体。

バックパックを分離し、支援機として運用できる。

父・パトリック・ザラの考えに疑問を持ち、軍を離反、キラやラクスと一緒に第3勢力として戦争を止めるために戦った。

◆ジャスティスガンダムのHGキット

開封して素組みしました

キットを開封して素組み

↑使用しないポリキャップもありますが、全パーツはこんな感じです。

↑組み立て準備

素組みの際の様子

素組みの様子

組み立て(素組み)にはニッパーとピンセットさえあれば!

素組み完了

素組み完了時の様子

塗装しました

塗装に使用した塗料等

シタデルカラーLAYERFLASH GITZ YELLOW
シタデルカラーLAYEREMPEROR’S CHILDREN
シタデルカラーLAYERESHIN GREY
シタデルカラーBASECORAX WHITE
ガンダムマーカースミいれ用ブラック
ガンダムマーカー流し込みスミいれペングレー

◆塗装アイテム(筆+塗料+マーカー)

塗装の際の様子

塗装に際して 下地つや消し+トップコート

◆素組み~塗装前に一度かけている(水性塗料のノリを良くするため)

◆塗装後に仕上げとしてかけている

塗装後

ジャスティスガンダム完成

フライヤー形態

動画でチェック!

◆素組みの際の動画

◆塗装動画

合わせて読みたい記事

◆BB戦士のTOPIXの記事

◆このキットの関連キャラクター

この記事を書いた人
m3-c blog運営者

京都府出身、現在東京都江東区住まいの40代半ばのパパさんです。
コロナ禍もあって30年ぶりに模型製作に取り組み始めました。
1980~90年代にワクワクしたヒーローたちのホビーを中心に仕事の合間に飽きない程度に作って情報アップしています。

2021年7月24日

Posted by エムサンチャンネル