#124 SDガンダムBB戦士No.236 パーフェクトガンダムを作りました。素組みから塗装まで

2021年6月22日

この記事のPoint☆

・Gジェネレーション版の、BB戦士のパーフェクトガンダムのキット
・BB戦士・パーフェクトガンダムのキットの組み立て~塗装
・SDガンプラを水性アクリル塗料でうまく塗る方法

部分塗装までやってみてのm3-c blog的感想

組み立てのしやすさ組み立てはしやすい。歪曲部含めたシール貼りが多少てこづった程度でした。
30分くらいで組みあがります。
塗装の難易度塗装量は多くないです。Gキャリアーは凝れば多彩な塗り方ができると思います。
塗装に要した時間1時間半程度の塗装時間でした。
形態変更等で楽しむバリエーションノーマルガンダム、パーフェクトガンダム(ヘッドギア着脱)、Gキャリアーの装備アップといろいろ楽しめます。
カッコよさ、かわいさ・フォルム可動域も広くポージングがいろいろ可能でかっこいい。SDのガンダム集大成のようなキット。
購入に向け総合おすすめ度SDでガンダムを組むなら外せないキットです。

パーフェクトガンダムのキットをご紹介

キットの概要

シリーズNo.236
デザインベース
登場シリーズGGENERATION neo
発売2002年7月
価格1,000円
武器ダブルビームガン、シールド、サーベル
特徴シリーズNo.20のパーフェクトガンダムのリメイクキット。
オリジナルのヘッドギア、支援メカ「Gキャリアー」が付いています。

素体として発売されたフルアーマーガンダムの、付属のGベースと、Gキャリアーが合体できます。

↑キット開封時の封入状態。

パーフェクトガンダムについて

機体・キャラクター

パーフェクトガンダム

機体番号はPF-78-1。
「プラモ狂四郎」、「機動戦士ガンダム MSV」として設定されたモビルスーツ(地球連邦軍)。

完成された機体を目指して開発されたガンダムで、全身を脱着式の増加装甲と強力な武装で覆う。
機体重量は増大したが、各所のスラスターがそれを補って、機動性も向上している。

開封して素組みしました

キットを開封して素組みしました。

↑こちらが全パーツ

↑組み立て準備

素組みの際の様子

素組みの様子をハイライトで。

素組み完了

ノーマルガンダム

パーフェクトガンダム

ヘッドギア装着&Gベース(ガンダムVer.)

塗装しました

水性アクリル塗料で塗装しました。

塗装に使用した塗料等

シタデルカラーLAYERFUL GRIM PINK
シタデルカラーLAYERWHITE SCAR
シタデルカラーBASEINCUBI DARKNESS
シタデルカラーBASEMACRAGGE BLUE
シタデルカラーLAYERESHIN GREY
シタデルカラーLAYERFLASH GITZ YELLOW
シタデルカラーBASECORAX WHITE
シタデルカラーLAYEREVIL SUNZ SCARLET
ガンダムマーカースミいれ用ブラック
ガンダムマーカー流し込みスミいれペングレー
ZEBRA マッキーケアYYYTH3-Rレッド

塗装の際の様子

Gキャリアー(パーフェクトVer.)

RX-78ガンダム~パーフェクトガンダム

塗装後

ノーマルガンダム

Gキャリアー(パーフェクトVer.)

パーフェクトガンダム

パーフェクトガンダム(ヘッドギア装着)&Gキャリアー(ガンダムVer.)

合わせて読みたい記事

◆BB戦士のTOPIXの記事

◆このキットの関連キャラクター

この記事を書いた人
m3-c blog運営者

京都府出身、現在東京都江東区住まいの40代半ばのパパさんです。
コロナ禍もあって30年ぶりに模型製作に取り組み始めました。
1980~90年代にワクワクしたヒーローたちのホビーを中心に仕事の合間に飽きない程度に作って情報アップしています。

2021年6月22日

Posted by エムサンチャンネル