#232 パーフェクトガンダム&将ガンダム デザインベースキットと武者

2021年12月4日

m3-c blogブログです。
プラモ狂四郎発信のモビルスーツ、「パーフェクトガンダム」。
今回はBB戦士シリーズNo.20のキットと、パーフェクトガンダムがデザインベースになった「将ガンダム」です。

この記事のPoint☆

・BB戦士昭和後期~平成レトロの初期の頃のキット
・将ガンダムと、デザインベースとなったパーフェクトガンダム
・BB戦士No.20パーフェクトガンダム&No.41将ガンダム

No.20とNo.41、パッケージはこれ!でした。

パーフェクトガンダム

「機動戦士ガンダム MSV」で設定された、地球連邦軍の試作MS。
プラモ狂四郎に登場するガンプラ です。製作者は京田四郎。

↑BB戦士では、No.236にてリメイクされた、パーフェクトガンダム。

BB戦士No.20 パーフェクトガンダム

まずはNo.20パーフェクトガンダム

シリーズNo.20
発売1989年1月
ベースキットRX-78-2 ガンダム
価格300円
武器ビーム・ライフル、ビーム・サーベル
特徴パーツの着脱によってガンダムとパーフェクトガンダム両形態が再現可能

No.1ガンダマン以来の、BB戦士初となる「RX-78-2」をベースにしたキットでした、実は。
このキットは個人的にとても思い入れがあります。
発売当時は小学校4年の3学期。確か、生まれて初めて買ったいわゆる「プラモデル」でした。

素組みの上、筆塗り部分塗装しています。

BB戦士No.41 将ガンダム

続いてNo.41将ガンダム

シリーズNo.41
デザインベースパーフェクトガンダム
発売1989年10月
価格500円
武器大槍、刀、ガトリング砲、頑ショット
特徴軽装形態→武者形態
守護獣の武者タイガー・ハリマオと合体することも可能
戦国伝シリーズ初のいろプラ(多色成形)

髭の付いたガンダム、、っていう特別な存在で子供のころ接していましたが、デザインベースまでそんなに詳しく見ていなかったので、「パーフェクトガンダム」がベースだったって知ったのはつい最近のことでした 笑

軽装形態

軽装形態

武者形態(将ガンダム)+武者タイガー

武者形態

パーフェクトガンダムと将ガンダム

両キットを並べてみました。

発売年は同じ1989年なんですが、No.20から41までの間にいろんなバージョンアップとかあって、このキットも、パーフェクトガンダムは定価300円ですが将ガンダムは500円だったり。
なので将ガンダムの方が一回り(頭も)大きいですね。

まとめ

パーフェクトガンダムは前述のとおり僕が初めて買ったプラモです。
将ガンダムは、武者七人衆が一通り登場した後で発売された「髭をたくわえたガンダム」。
ということで当時から何かと思い出に残るキットで、デザインベースコンビでした。

↓先日の記事で、並べてみた将ガンダムと殺駆頭。

この記事を書いた人
m3-c blog運営者

京都府出身、現在東京都江東区住まいの40代半ばのパパさんです。
コロナ禍もあって30年ぶりに模型製作に取り組み始めました。
1980~90年代にワクワクしたヒーローたちのホビーを中心に仕事の合間に飽きない程度に作って情報アップしています。

2021年12月4日

Posted by エムサンチャンネル