#048 SDガンダムBB戦士No.49 ナイトサザビー

2020年12月13日

この記事のPoint☆

・SDガンプラを失敗せずに塗装する方法
・BB戦士・ナイトサザビーのキットの制作から塗装
・SDガンプラを水性アクリル塗料・シタデルカラーでペイント

BB戦士 ナイトサザビーのキットをご紹介

キットの概要

シリーズNo.49
デザインベースMSN-04 サザビー
登場シリーズSDガンダム外伝 ラクロアの勇者
発売1990年2月
価格500円
武器ソード、アックス、シールドが付属
特徴守護獣グリフォンが付属
グリフォンと合体して「ハイパーナイトサザビー」になる

魔王・サタンガンダムの側近で、ナイトガンダムに匹敵する剣の使い手。
ライバルキャラですね。

※SDガンダム外伝シリーズ、おなじみのマントは切り取って使ったため歯抜けになっています、。

ナイトサザビー

サタンガンダムの側近として「ラクロアの勇者編」に登場。
常に魔王のそばで守りを固めている騎士で、サタンガンダム、騎士ガンダム、騎士シャアに次ぐ高い戦闘能力を誇っている。サタンガンダムの部下としては最強で、接戦の末に騎士ガンダムに倒された。

ナイトサザビーのキットを開封~素組みしました

キットを開封して素組みしました。

水性アクリル塗料で塗装その1(ナイトサザビー)

水性アクリル塗料で塗装しました。

塗装の際の様子

塗料は、水性アクリルカラーのシタデルカラーとファレホを併用
オール筆塗りで色付けしていきました

使用した筆は、基本は模型塗装用の面相筆、面積の広い箇所はブラシを使って時短させ、効率よく塗装しました

工程は下地塗り~上塗りの大きく2段階です

まずは下地塗装。
用いた塗料がこちらです

サザビーと言えば赤。メインカラーの下地色にはブラッドエンジェルレッド
シタデルカラーのコントラスト。

続いて黒の下地に使った、バシリカヌムグレイです

ゴールドで仕上げる箇所の下地に、イアンデンイエローを塗りました

一部、緑の下地にワープライトニング

コントラストは本来は染め塗り塗料
白やライトグレイの上から塗ることで、模型のディテールに沿って染まっていきます
希釈なしで塗れる利便性の良さも特徴で、顔料を含み下地になるので、こうして上塗りの目安をつける色分けをいったんするのにとても重宝しています

この辺りは水で溶いて、薄めた状態で色を付けました
塗ったというよりも仕上げ塗装のための下処理をした感じです

これより上塗りです

上塗りで用いた塗料がこちらです
塗装に要した時間は、下地塗りを合わせてこのパートで約60分でした

ファレホのゲームカラー、ブラックを使いました

ファレホは世界水準で最高級の水溶性アクリルカラーと言われ筆塗りによる塗装が滑らかに楽しめ、筆むらも出にくく、広い範囲に塗装ができます

胴体、脚部、腕部、頭部、肩アーマーに塗装しました

ゴールドを上塗り
こちらも頭部、胴体、腕部などに塗装箇所がありました

シタデルカラーのBASE、メタリックのレトリビューターアーマーを使いました
隠ぺい力の強い、扱いやすい金色の塗料

赤の仕上げに用いたのはシタデルのLAYER、イーヴィルサンズスカーレットです
上塗り用の塗料ですが、隠ぺい力が高いので、下地を塗ってあるとはいえ、一発でしっかり発色しました

最後は緑。ファレホのモデルカラー、ミディアムオリーブ

塗装後

塗装後は、水性トップコート、つや消しを全体に吹き付け乾燥させて完成

色塗り終わった各パーツを組み上げていきます

このパートでは、ナイトサザビーの基本体を組み立て

塗装後がこちらです

水性アクリル塗料で塗装その2(ハイパーナイトサザビー)

続いては守護獣・グリフォンと、各種武器を塗装。

塗装の際の様子

まずは下地塗装。
赤の下地色にはブラッドエンジェルレッド
シタデルカラーのコントラスト。

グリフォンの白の下地に、ファレホのゲームカラー、デッドホワイトです
隠ぺい力の強い、純白のカラーです

続いて黒の下地に使った、シタデルカラーのバシリカヌムグレイです

ゴールドで仕上げる箇所の下地に、イアンデンイエローを塗りました

一部、シルバーの下地にアポシカリーホワイト。

この辺りは水で溶いて、薄めた状態で色を付けました
塗ったというよりも仕上げ塗装のための下処理をした感じです

これより上塗りです

上塗りで用いた塗料がこちらです
塗装に要した時間は、下地塗りを合わせてこのパートで約50分でした

ファレホのゲームカラー、ブラックを使いました

ファレホは世界水準で最高級の水溶性アクリルカラーと言われ筆塗りによる塗装が滑らかに楽しめ、筆むらも出にくく、広い範囲に塗装ができます

グリフォンのボディ、シールド、ソード、さや、アックスに塗装しました

ゴールドを上塗り
こちらもグリフォン、ソード、シールド、アックス、さやなどに塗装箇所がありました

シタデルカラーのBASE、メタリックのレトリビューターアーマーを使いました
隠ぺい力の強い、扱いやすい金色の塗料

シルバー、アイアンハンズスティールを使いました

赤の仕上げに用いたのはシタデルのLAYER、イーヴィルサンズスカーレットです
上塗り用の塗料ですが、隠ぺい力が高いので、下地を塗ってあるとはいえ、一発でしっかり発色しました

最後は白の上塗り
シタデルカラーのLAYER、ホワイトスカーです

塗装後

塗装後は、水性トップコート、つや消しを全体に吹き付け乾燥させて完成

色塗り終わった各パーツを組み上げていきます

前回塗装して作ったナイトサザビーの基本体に武装する形で、ハイパーナイトサザビーを組み立てます

塗装後がこちらです

制作動画をYouTubeで見る

制作の過程を動画に記録しています。

素組みの時の動画

素組みの際の動画。

塗装その1の動画

ナイトサザビーのパーツまで

塗装その2の動画

ハイパーナイトサザビーの完成

あわせて読みたい記事

↓本サイトより、ナイトサザビーのデザインベースとなっている「MSN-04 サザビー」。

この記事を書いた人
m3-c blog運営者

京都府出身、現在東京都江東区住まいの40代半ばのパパさんです。
コロナ禍もあって30年ぶりに模型製作に取り組み始めました。
1980~90年代にワクワクしたヒーローたちのホビーを中心に仕事の合間に飽きない程度に作って情報アップしています。

2020年12月13日

Posted by エムサンチャンネル