#006 SDガンダムBB戦士No.12 ギラ・ドーガ

2020年10月6日

この記事のPoint

・SDガンダムBB戦士の超初期のキット
・ギラ・ドーガのキットの組み立て
・水性アクリル塗料での色塗り

BB戦士 ギラ・ドーガのキットをご紹介

シリーズNo.12
デザインベース
登場シリーズ機動戦士ガンダム逆襲のシャア
発売1988年7月
価格300円
武器ビームマシンガン、ビームソード、ビームアックス、ビームピック、シールド
特徴シールドからシュツルム・ファウストを発射するギミックがある
BB戦士シリーズ初、スプリング2個使用キット

深緑の成形色が当時は珍しく思えてとにかく好きでした。
もう35年近く前のキット。デザインが洗練されてて今でも全然色あせてないですね。

ギラ・ドーガ

「CCA-MSV」として設定された、ネオジオン軍の試作MS。
ガンダムシリーズの量産型MSの代表、ザクIIの直系機としてデザインされており、ショルダーシールドやショルダーアーマーなどのパーツにその特徴を残している。第二次世界大戦におけるドイツ軍の歩兵がモチーフで、「ドイツ軍ヘルメットをかぶったザク」というイメージでデザインされた。歩兵ということでバックパックも背嚢のイメージが強いデザインになっており、武装は実際に存在する銃のギミックを数多く取り入れている。

ギラ・ドーガのキットを開封~組立

水性アクリル塗料で塗装

塗装の際の様子

塗装の様子をダイジェストにまとめました。

塗料は、水性アクリルのシタデルカラー。
筆塗りで色付けをしていきました。
色の境目や細部は面相筆で、広い面積は模型用のブラシなどで着色しました。
さらに細かいところは、先端を糊で固めた細筆を使用しました。

まず下地塗りとして、シタデルカラーの「コントラスト」を使用しました。
BASE、SHADEの両機能を兼ね備えた塗料で、下地にもなり、スジや溝には液体が流れ込んでいくので時短にもなり、最近多用しています。
このギラ・ドーガのキットでは、ワープライトニング、イアンデンイエロー、ブラッドエンジェルレッド、バシリカヌムグレイの4色を使用です。

まずはイアンデンイエロー
主に、黄色を上塗りする箇所の下地として使いました。
手持ちの3種類の武器の刃のカラーはすべてイエローにしました

続いてブラッドエンジェルレッド
こちらはそのまま仕上げ色になりました。

次にバシリカヌムグレイ
グレーの下地です。

メインボディのカラーは、グリーンの下地として、ワープライトニング
濃くなってしまわぬよう、予め水で溶いて、かなり薄めた状態で色を乗せました
塗ったというよりも、最後の上塗りがスムーズにいくよう下処理をした感じです

仕上げでグリーンは2色で色分けしますが、下地の段階ではいずれもワープライトニングをベースにしました

工程は下地塗から上塗りの2段階

上塗りもカラーごとに見ていきます。

まずは、エシングレイ
下地にバシリカヌムグレイを塗った箇所に。
手、バックパックの一部、ビームマシンガン、頭部の一部に使いました

シタデルカラーのLAYER塗料です。

3種類の手持ち武器や、頭部、胴体、脚部、腕部の一部各所に使った黄色・アヴァーランドサンセットです
黄色のカラーの中では優秀な隠ぺい力を誇るカラーです

緑の一色目は、ファレホのモデルカラー・ミディアムオリーブを塗りました。
粘性の高い、隠ぺい力の強いカラーですが、今回使用した中でも薄手の緑なので2度ほど重ね塗りを意識して色を入れました

ファレホは、イギリス発の水性アクリル塗料
発色がよい、速乾、乾いた後の耐水性、無臭、どれをとっても扱いやすい、プラモデルやフィギュアの塗装に最適な塗料です

下地、ワープライトニングを塗った箇所に上塗りしました。

同じく下地にワープライトニングを塗った箇所に、シタデルカラーの濃い緑・キャリバングリーンを塗りました

シタデルカラーのBASE塗料

面積が広いところは塗りムラも気になるので、テクニカルという種類にある「ラーミアンメディウム」という溶剤を使いながら塗っていきました

こちらが今回の、ギラ・ドーガの上塗りで使用した塗料。
この動画分で塗装にかかった時間は下地塗りを合わせて約60分でした。

塗装後

塗装後は、水性トップコート・つや消しを全体に吹き付け、乾燥させて完成。

色塗り終った各パーツを組み上げていきます。

まだ、ポリキャップパーツが登場する前の初期のBB戦士キットですね

塗装後がこちら。

制作の様子をYoutube動画でチェック!

素組みの際の動画

素組みの様子

塗装の際の動画

塗装の際

合わせて読みたい記事

↓m3-c blogから、逆襲のシャアシリーズ

この記事を書いた人
m3-c blog運営者

京都府出身、現在東京都江東区住まいの40代半ばのパパさんです。
コロナ禍もあって30年ぶりに模型製作に取り組み始めました。
1980~90年代にワクワクしたヒーローたちのホビーを中心に仕事の合間に飽きない程度に作って情報アップしています。

2020年10月6日

Posted by エムサンチャンネル