#550【キン消しを塗ろう】2020年・キンケシ17 ブラックホール

2023年4月9日

今回は2020年発売、新造形版のキンケシ、シリーズ17から、ブラックホールの色塗りです。

Point☆

・新造形版のキンケシ、ブラックホールがかっこいい
・水性アクリル・シタデルカラーでキンケシを塗装
・水性塗料で、キンケシを失敗せずに塗装する方法

久しぶりに新造形キンケシ塗りました。

塗装の様子を動画で!

Youtube動画で見る

塗装前の下処理

まずは塗装前の状態です。

カラーはペールオレンジです。新しめのキン消しなので見た目の汚れとかはなく、多少の手あかや油分が付いている程度でした。

事前準備として、こんな工程で塗装前の下処理をしていきます。

・煮沸して形を整え、表面のホコリや汚れをとる

・ベンジンに漬け込み、可塑剤(塩ビを柔らかくする薬剤)を抜く
ただ今回のキンケシはベンジンで抜き出せる可塑剤のタイプではなかったようで、漬け込んでも軟度が極端に変わることはありませんでした

・乾燥させて、Mr.スーパークリア―つや消しを吹き付けて塗装下地を作る

水性塗料で色塗り

そして塗装。です。
色塗りの様子はダイジェストにまとめていますので見ていきましょう。

最初のカラーはベースカラーのアバドンブラック。
そのままブラックホールのメインのボディカラーになります。

こちらが今回の塗装で使用した塗料等。
年代物のキン消し、デカ消しと同じく、ホビー用水性アクリルのシタデルカラーで塗りました。
塗装にかかった時間は約40分でした。

今回は3色の塗料での色塗り。
いずれもシタデルカラーの「BASE」の塗料で、隠ぺい力が強めの色。
ですので下地は塗らず、キンケシの地にそのまま着色しました。

使用した筆は、細部や色の境に入れた面相筆と、ちょっと太めの模型用ブラシの2種類。

次に赤、メフィストンレッドです。
通常は凹凸の凸の色から塗ることが多いので今回も迷ったのですが、この順番の方が仕上がりが良さそうだったのでこうしてみました。

赤は、グローブ・ブーツ・パンツ・顔の一部とマントの内側です。
このマントのカラー、内側が赤で外を黒にしてみましたが、資料や他のフィギュアなどでは
逆の配色もあったりしました。今回は、アニメ版に寄せた色分けにしています。

3つ目は部分的な装飾の色として黄色です。
アヴァーランドサンセット

あとは細かなところの仕上げをしていきました。

塗装後は、ソフト99コーポレーションのボデーペン、クリアーを吹き付けて乾燥させ、完成。
これがトップコートになります。

塗装後

塗装後がこちら。
過去に当時物のブラックホールを塗ったことがありましたが、それに比べて新造形、一回り太く大きく作りもしっかりしている印象でした。

カラーリングの参考にしたのはアニメ版「キン肉マン」。

ブラックホールについて

ブラックホールは、バミューダ海域出身の悪魔超人で、超人強度は200万パワー。
7人の悪魔超人の一人で、あらゆるものを吸い込む、瞬間移動ができる、影との同化など空間を自在に操ることができ、のちにペンタゴンと「四次元殺法コンビ」を結成しました。

まとめ~あわせて読みたい記事

このブラックホールが属するキンケシ17のブックレットです。
同じ弾では、伝説のマスクやペンタゴン、ギヤマスターなどがラインナップされています。

EPSON MFP image

というわけで、今回はキンケシシリーズ17から、新造形のブラックホール色塗りでした。

あわせて読みたい記事

◆キン肉マンの記事TOPIX

◆キン消しの塗装記事

この記事を書いた人
m3-c blog運営者

京都府出身、現在東京都江東区住まいの40代半ばのパパさんです。
コロナ禍もあって30年ぶりに模型製作に取り組み始めました。
1980~90年代にワクワクしたヒーローたちのホビーを中心に仕事の合間に飽きない程度に作って情報アップしています。

2023年4月9日

Posted by 朝4時起きから始める模活 m3c