#001 SDガンダムBB戦士No.7 νガンダム(機動戦士ガンダム逆襲のシャア)

2020年10月1日

この記事のPoint

・SDガンダムBB戦士の超初期のキット
・νガンダムのキットの組み立て
・水性アクリル塗料での色塗り

νガンダムのキット概要

シリーズNo.7
デザインベース
発売1988年5月
価格300円
武器ビーム・ライフル、ビーム・サーベル、ニュー・ハイパー・バズーカ、シールド
特徴バズーカはスプリングギミックでBB弾を発射

BB弾の射的ゲーム要素で作られたガンダマン以降の6キットから方向転換し、逆襲のシャア公開に合わせてBB戦士の方向付けが決まった記念すべき1キット目。
コミックワールドのNo.1が取扱説明書に載りました。

コミックワールドは記念すべきPART1です。

νガンダム(ニューガンダム、NU GUNDAM)

初出は、1988年公開のアニメーション映画『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』。
「地球連邦軍」のガンダムタイプMSで、主人公のアムロ・レイ自身が設計に関与した専用機。特殊な能力をもつニュータイプに対応した機体構造を有し、左背にマントのように装備された6基の遠隔操作式ビーム砲台「フィン・ファンネル」を外観上の特徴とする。

劇中では「リ・ガズィ」に次いでアムロが搭乗し、ライバルである「新生ネオ・ジオン軍」総帥「シャア・アズナブル」が搭乗する「サザビー」と死闘を繰り広げる。

νガンダムのキットを開封~組立

本当に2頭身の仕上がりで、かわいらしいです。
可動域は、腕・脚・首です。

水性アクリル塗料で塗装しました

塗装の様子をダイジェストにまとめました。

塗料は、水性アクリルのシタデルカラーとファレホを併用。
筆塗りで色付けをしていきました。
色の境目や細部は面相筆で、広い面積は模型用のブラシなどで着色しました。
さらに細かいところは、先端を糊で固めた細筆を使用しました。

下地塗りとして、ファレホのゲームカラー、デッドホワイトを使いました

ファレホは世界水準で最高級と言われる、水溶性アクリルカラー
筆塗りによる塗装が滑らかに楽しめ、筆むらも出にくく、広い範囲に塗装できます
今回は成形色白のパーツや、濃いカラーのパーツへの塗装になったので
このファレホを下地に使いました

シタデルカラーの「コントラスト」を使用しました。
本来は、白やライトグレーの上から塗って、ディテールに沿って染まっていく染め塗り塗料ですが、希釈なしで塗れる便利さと、素早く色分けができる利点を生かして下地で使ったりしています
このニューガンダムのキットでは、イアンデンイエロー、ブラッドエンジェルレッド、バシリカヌムグレイ、グリフチャージャーグレイの4色を使用です。

バシリカヌムグレイです

黒を上塗りする箇所の下地に使いました

グリフチャージャーグレイ

ボディカラーを紺色で仕上げるべく、この青系のカラーを下地に塗りました
成形カラーに合って、ほぼ仕上げ色になったところも何カ所かありました

ブラッドエンジェルレッドです

上塗りで赤を塗装する箇所の下地にしました

下地の最後はイアンデンイエローです
こちらは黄色の下地色

今回の塗装で下地に使った塗料がこちら

工程は下地塗りから上塗りの2段階です

これより上塗り

まずは先にグリフチャージャーグレイを塗った箇所、メインボディのカラーとしてシタデルカラーのBASE、ナイトロードブルーを使いました

紺色
隠ぺい力の強い、扱いやすいカラーです
頭部、胴体、脚部、バックパック、ライフル、バズーカなどに使っています

続いて黒
シタデルカラーのアバドンブラックです
手や胴体、シールドの一部、バックパックなどに使いました

黄色の仕上げカラーはシタデルカラーのアヴァーランドサンセットです
イエローでは隠ぺい力の強い優秀なカラーです

白の上塗り、仕上げ
シタデルのレイヤー塗料、ホワイトスカーを使いました
数度の重ね塗りで、白が鮮やかになりました

色分けの最後は赤です
メフィストンレッド
頭部、胴体、脚部の一部に使いました

塗装後

色塗り後は、水性トップコート・つや消しを全体に吹き付け乾燥させて完成

色塗り終わった各パーツを組み上げていきます

このキットではビームサーベル・ビームライフル・バズーカ・シールドと武器防具が豊富に付属していました
造形は2頭身に近いディフォルメ感でした

νガンダムをYoutube動画で見る

素組みの時

素組みの時の動画

塗装した時

塗装した時の動画

合わせて読みたい記事

↓ライバル「サザビー」。

BB戦士209 ニューガンダム(H.W.S.装備) もあります

この記事を書いた人
m3-c blog運営者

京都府出身、現在東京都江東区住まいの40代半ばのパパさんです。
コロナ禍もあって30年ぶりに模型製作に取り組み始めました。
1980~90年代にワクワクしたヒーローたちのホビーを中心に仕事の合間に飽きない程度に作って情報アップしています。

2020年10月1日

Posted by エムサンチャンネル