#687【当時物のキン消しを塗装】デカ消し・第2弾(B型)アシュラマン(アニメカラー)

2024年1月23日

今回は、丸越製デカ消し第2弾の、アシュラマンです
アニメカラーで塗装、悪魔六騎士時代、五重のリングでテリーマンの腕を奪った時の六本の腕バージョンです

塗装の様子をYoutube動画で見る

塗装の様子

可塑剤を抜く塗装前の下処理

デカ消し、第2弾に封入されていたブックレットです
丸越の成果品には、この小冊子が各弾ごとに入っていたんですね

第2弾は、このアシュラマンのほかにもテリーマンやジェロニモ、プラネットマンなど有名どころの超人が目白押しだった構成でした

塗装前のデカ消しの状態です
6本腕の豪華な造形、背中に多少の割れがありましたが、おおむね塗装には影響なさそうなのでそのままいつも通りの下処理をしていきました

キンケシ・デカ消しの色塗りで使っている資材・道具はこちらの記事でまとめています。(塗料以外)

キンケシ、デカ消しの塗装前の下処理はおよそこんな感じで進めます。

・煮沸して形を整え、表面の埃をとり、油分を落とす

・ベンジンに浸け込み、可塑剤(塩ビを柔らかくする薬剤)を抜く

・乾燥させて、Mr.スーパークリアつや消しを吹き付けて、塗装の下地を作る

水性アクリル塗料(シタデルカラー+ファレホ)で色塗り

そして塗装です

下地塗り

まずはシタデルカラーのコントラスト、バシリカヌムグレイ
目、目の周りと、右側、ブラックホールの腕に塗装しました

赤の下地として、ブラッドエンジェルレッド

しばらくシタデルカラーのコントラストが続きます
本来は仕上げに使って、ベース・シェイド・ハイライトをひと塗りで表現できる液体塗料
顔料を含んでいて下地になるため、液体塗料がスジや溝に流れ込んで色分けが速くできるためこんな使い方をしています

黄色の下地カラーはイアンデンイエロー

今回の塗装で下地に用いた塗料がこちら
所有しているコントラストカラーのほとんどを使用したような感じでした

グリフハウンドオレンジです
アトランティスの手の下地にしています

緑の下地はワープライトニング
暖色が続く中この緑は目立ちます

スネークバイトレザーです
茶色のコントラストカラー
怒りの面と、リングコスチュームに塗った今回のメインカラーの下地です

アポシカリーホワイト
冷血の面と、テリーマンの腕のグローブの下地にしました

ここから4色、肌のカラーのベース塗装

ファレホのモデルカラー&ゲームカラーで4つ使いました

まずはライトフレッシュ
テリーマンの腕、2本の下地にしました

水で溶きながら、水分量を調整して、薄く、重ねてを心掛けながら塗っていきます

次はベーシックスキントーン。
ミスターカーメンの腕のベースカラーにしました

3色目のファレホの肌カラーは、ミディアムフレッシュトーンです
こちらはアシュラマン本体の肌カラー。
顔への塗入れもあったので時間をかけてしっかり塗りました

ファレホは、スペイン発の水性アクリル塗料
フィギュア塗装には相性の良い塗料で、明るいカラーも豊富なラインナップで、今回のように、肌のカラーも複数フレッシュ系に用意されています

ベース塗装はこれが最後。左側真ん中の腕は、ザ・魔雲天。
使ったのはゲームカラーの・カーキです

今回の塗装で使用した筆は、基本は模型塗装用の面相筆。
面積の広い箇所はブラシを使って時短させ、効率よく塗っていきました

上塗り塗装

ここからは上塗りです

目と歯、ファレホのゲームカラー、デッドホワイトです。
細かな塗装箇所、丁寧に塗りました

冷血の面のカラーに、ファレホのゲームカラー・グレイシャーブルー

テリーマンの腕のグローブの上塗り
シタデルカラーのベース、カレドールスカイを塗りました
明るい青のカラーです

続いてアトランティスの腕の上塗り。
ファレホのモデルカラー、ミディアムオリーブです

オレンジファイア
これもファレホのゲームカラー

赤は2色使いました

まずはシタデルカラーのベース、メフィストンレッド
アトランティスやブラックホールの腕の一部、アシュラマン本体の装飾のカラーに

頭部の一部には、コーンレッドを使いました

黄色の上塗りも2色使います

まずはブーツやベルト、兜、ミスターカーメンの腕輪に、シタデルカラーのアヴァーランドサンセット
黄色のカラーでは隠ぺい力の強い塗料です

テリーマンの腕のスターエンブレムは、ファレホのアイスイエローを使いました

そしてリングコスチュームと怒りの面
茶色の上塗りは、シタデルカラーのモーンファングブラウンです
面積が大きいので、テクニカルの溶剤、ラーミアンメディウムを使って塗り入れました

ブラックホールの腕に、シタデルカラーのアバドンブラックを使いました

ここからは肌カラーの上塗りです
まずはテリーマンの腕に、シタデルカラー・コントラストのヴォルパスピンク
これは、ほのかなピンクになるように水でかなり薄めた状態で染め塗りしました

最後に、シタデルカラーのコントラスト・スケルトンホード
同じく水で薄めて染め塗り
アシュラマン本体、ミスターカーメンの腕の色味を落ち着かせ、質感を出しました

上塗りで使用した塗料がこちら
多彩な塗料の数。

塗装後

色塗り後は、ソフト99コーポレーションのボデーペン、クリアを吹き付けて乾燥させて完成
これがトップコートになります

たくさんのカラーを駆使して塗ったアシュラマン・デカ消しの大作になりました
アニメカラーです、原作カラーでも先日この造形のアシュラマン塗りました

塗装シーンのみの映像動画

塗装のシーンのみを動画にまとめました

まとめ~あわせて読みたい記事

塗装後がこちら

デカ消しは、キン肉マンアニメ第1次ブームだった1984年~86年ごろに展開された、株式会社丸越製のゴム消しフィギュアで、各弾約10体、全12弾までありました
レギュラーサイズの4㎝程度のキンケシよりも一回り大きい、全長は9㎝程の造形でした

アシュラマンは、魔界出身の悪魔超人。
超人強度は1000万パワーの設定です。
必殺技はアシュラバスター。
黄金のマスク編でテリーマンと戦いました。タッグ編でのパートナーはサンシャイン。
キン肉星王位争奪編では、ソルジャーチーム・超人血盟軍の一員として参戦します。

ということで今回はキン肉マンのデカ消し、第2弾B型のアシュラマン
アニメカラーで塗装しました

あわせて読みたい記事

◆キン肉マンの記事TOPIX

◆関連するキン消しの塗装記事

この記事を書いた人
m3-c blog運営者

京都府出身、現在東京都江東区住まいの40代半ばのパパさんです。
コロナ禍もあって30年ぶりに模型製作に取り組み始めました。
1980~90年代にワクワクしたヒーローたちのホビーを中心に仕事の合間に飽きない程度に作って情報アップしています。

2024年1月23日

Posted by エムサンチャンネル