#122 SDガンダムBB戦士No.227 スーパーガンダムを作りました。素組みから塗装まで

2021年6月13日

この記事のPoint☆

・Gジェネレーション版の、BB戦士のスーパーガンダムのキット
・BB戦士・スーパーガンダムのキットの組み立て~塗装
・SDガンプラを水性アクリル塗料でうまく塗る方法

部分塗装までやってみてのm3-c blog的感想

組み立てのしやすさ大きめパーツで全体的にスケールもデカく、作りやすい
塗装の難易度スミ入れが何か所かありますが難しくはなかったです
塗装に要した時間40分程度の塗装時間でした。
形態変更等で楽しむバリエーションティターンズのMk-Ⅱ、スーパーガンダム、Gフライヤーの換装が可能
カッコよさ、かわいさ・フォルムGディフェンサーが大きめサイズで、スーパーガンダムのボリューム感が出ます
購入に向け総合おすすめ度No.217のMk-Ⅱを買うならこちらがお奨め

スーパーガンダムのキットをご紹介

キットの概要

シリーズNo.227
デザインベース
登場シリーズ機動戦士Zガンダム
発売2001年12月
価格800円
武器ロングライフル
特徴シリーズNo.217のガンダムMk-Ⅱから武器類を除き、成形色変更、新規でGディフェンサーのパーツを加えた
コックピットカプセルの分離形態をパーツ差し替えで再現

スーパーガンダムとしてはNo.13「ガンダムMk-Ⅱ」以来13年ぶりのリメイクでした

↑こちらがキット開封時の封入状態でした

スーパーガンダムについて

機体・キャラクター

スーパーガンダム

「機動戦士Zガンダム」に登場した、エゥーゴのモビルスーツ。
パイロットは、エマ・シーン。
Gディフェンサーのパイロットは主にカツ・コバヤシ。

ポンツーンという、可動式のユニットにより、ガンダムMk-Ⅱが高機動戦闘を得意とする機体に変化した姿。

Gディフェンサーは、ガンダムMk-Ⅱの強化パーツとして開発された機体で、単独で宇宙戦闘攻撃機ともなる。

武器はロングライフル。Gディフェンサーのジェネレーターにより稼働する強力なライフル。

◆HGUC スーパーガンダム

開封して素組みしました

キットを開封して素組みしました。

↑こちらが全パーツ。

↑組み立て準備

素組みの際の様子

素組みの様子をハイライトで。

組み立て(素組み)にはニッパーとピンセットさえあれば!

素組み完了

ガンダムMk-Ⅱ(エゥーゴ)

Gディフェンサー

Gフライヤー

スーパーガンダム

塗装しました

水性アクリル塗料で塗装しました。

塗装に使用した塗料等

シタデルカラーLAYERFLASH GITZ YELLOW
シタデルカラーLAYERESHIN GREY
シタデルカラーBASEMACRAGGE BLUE
ガンダムマーカースミいれ用ブラック
ガンダムマーカー流し込みスミいれペングレー
マッキーケアYYTH3-R極細・赤

◆塗装アイテム(筆+塗料+マーカー)

塗装の際の様子

塗装に際して 下地つや消し+トップコート

◆素組み~塗装前に一度かけている(水性塗料のノリを良くするため)

◆塗装後に仕上げとしてかけている

塗装後

ガンダムMk-Ⅱ(ティターンズ)

Gディフェンサー

Gフライヤー

スーパーガンダム

動画でチェック!

素組みの際の動画

塗装の際の動画

合わせて読みたい記事

◆BB戦士のTOPIXの記事

◆このキットの関連キャラクター

この記事を書いた人
m3-c blog運営者

京都府出身、現在東京都江東区住まいの40代半ばのパパさんです。
コロナ禍もあって30年ぶりに模型製作に取り組み始めました。
1980~90年代にワクワクしたヒーローたちのホビーを中心に仕事の合間に飽きない程度に作って情報アップしています。

2021年6月13日

Posted by エムサンチャンネル