#064-2 SDガンダムBB戦士 No.40&65 武者忍剣舞風荒を部分塗装~レビュー

2020年12月29日

SDガンダムBB戦士、戦国伝・風林火山編の暗黒四天王の一人、武者忍剣舞風荒の制作です。

武者忍剣舞風荒を作るには

この武者忍ケンプファーを完成させるには、シリーズNo.40のケンプファー本体キット

と、No.65、若ザクトのキットに付いている鎧・武器が必要になります。

若殺駆頭のキットは約1年前に再販のものを購入して作れていたのですが、ケンプファーがしばらく入手できていなくて、先日ようやく作れたので、今回の制作が可能になりました。

武者忍剣舞風荒を水性アクリル塗料で塗装

塗装の際の様子

塗装の様子はダイジェストにまとめています

まずはシタデルカラーのコントラスト・バシリカヌムグレイです
グレーで上塗りするパーツ、そして黒の成形カラーパーツに塗りました
そのまま仕上げ色になったところもありました

イアンデンイエローです
ゴールドを上塗りする箇所の下地カラーにしました

シタデルカラーのコントラストは、本来仕上げに用いる液体塗料で、ベース・シェイド・ハイライトの効果をひと塗りで表現できるカラー
顔料が含まれていて下地にもなり、液体がスジや溝には流れ込んでいって色分けが速くできるため、こんな使い方をしています

アポシカリーホワイト。
シルバーを塗装する箇所の下地にしました

ブラッドエンジェルレッドです
数か所赤を塗装する箇所の下地にしました

工程は下地塗り~上塗りの2段階です
下地に用いた塗料がこちら

ここからは上塗りです
メインボディは、青緑の成形色から一変させて、深い緑にしました。
シタデルカラーのBASE塗料、キャリバングリーンです

塗装箇所が細かいところ、広く大きいところといろいろあるのでムラにならないよう、シタデルカラーのテクニカルという種類、ラーミアンメディウムという溶剤を使いながら色を入れていきました

今回の塗装で使用した筆は、基本は模型塗装用の面相筆、面積の広い箇所はブラシを使って効率的に、時短させながら塗っていきました

バシリカヌムグレイを塗った箇所に、濃いグレー
シタデルカラーのレイヤー塗料、エシングレイを上塗りしました
頭部、胴体、腕部、脚部、バックパックにそれぞれ塗装箇所がありました

赤、メフィストンレッドを上塗りです
胴体、刀の鞘などに塗装箇所がありました。
下地はブラッドエンジェルレッドを塗った箇所

イアンデンイエローを塗っておいた箇所にゴールド。
シタデルカラーのレトリビューターアーマーです
BASE塗料のメタルカラーで、隠ぺい力は強い方ですが、今回は濃いカラーの成形パーツへの塗装箇所もあったので、場所によっては重ね塗りをして色を乗せていきました
塗装箇所は様々けっこうありました

銀色はアイアンハンズスティールです。
こちらもシタデルカラーのBASE塗料。一般的に金よりも銀の方が発色よく隠ぺい力は強いです

兜や刀、強化武器パーツなど、塗装箇所がありました

シタデルカラーは、イギリス発の水性アクリル塗料で、ゲームズワークショップという会社から販売されています
実に300種類以上がラインナップにあるという塗料
無臭で発色よいカラーが多く、ミニチュア、フィギュア、プラモデルの塗装に最適です

仕上げに緑の上塗り。
シタデルカラーのワープライトニングを水で溶いて薄めた状態で、先にキャリバングリーンを塗った箇所に乗せていきました

上塗りで用いた塗料がこちらです。

塗装後

色塗り後は、水性トップコート・つや消しを全体に吹きかけて、乾燥させて完成です

色塗り終わった各パーツを組み上げていきます

このキャラクターは、2つのキット。
No.40のノーマルSDケンプファーと、No.65、風林火山編で発売された若殺駆頭のキットに付属している武装パーツを使うことで完成します

塗装後がこちら

風林火山編のキャラクター設定と若殺駆頭

武者忍ケンプファーは、サザビー・ジオ・サイコマークツーと合わせて風林火山編の闇軍団・暗黒四天王の一人。
そして若ザクトの文武の師範、という設定でした。
他の3体はそれぞれ一つのキットとして発売されましたが、このケンプファーだけは、ノーマルキットにギミック的に装備を付けて完成させる形でした。

そして、No.65のキットのメインの若ザクトがこちら。

武者七人衆編で登場した闇将軍、あのザクトの息子の設定です。

そしてこの武者ケンプファーの完成で暗黒四天王が揃うと同時に「闇の鎧」が大集合。
それによって作れる「復活、闇将軍」は、次の機会の動画でまとめてみたいと思います。

まとめ~あわせて読みたい記事

ということで今回は「武者ケンプファー」でした。

動画でチェック!

塗装、制作の様子をYoutube動画で

あわせて読みたい記事

◆BB戦士のTOPIXの記事

◆このキットの関連キャラクター(ケンプファー)

この記事を書いた人
m3-c blog運営者

京都府出身、現在東京都江東区住まいの40代半ばのパパさんです。
コロナ禍もあって30年ぶりに模型製作に取り組み始めました。
1980~90年代にワクワクしたヒーローたちのホビーを中心に仕事の合間に飽きない程度に作って情報アップしています。

2020年12月29日

Posted by エムサンチャンネル