#333【No.198】アシュラマン(D)幼少期(キン肉マン キン消しPART14)

2022年3月19日

m3-c blogブログです。
今回はキン肉マンパート14から、No.198 アシュラマン(D)幼少期Ver.を塗装しました。

回想シーンに登場した子供の頃のアシュラマンですね。サムソンティーチャーとの滝つぼから一命を助けられたエピソード。
今回は、原作カラーの青ボディに挑戦しました。

この記事のPoint☆

・キン肉マンキンケシを水性アクリル塗料で塗装
・キンケシ、キン消しを上手に色塗り、ペイントする方法
・【No.198】アシュラマン(D)幼少期(キン肉マン キン消しPART14)

以前に塗ったアシュラマンの記事はこちら。

↑当時物のパート14のブックレットです

before(塗装前)

塗装前の状態です

※当時物のため、経年の汚れや劣化が見られますがご了承ください。

paint(塗装)

水性アクリル塗料でペイント

下地には、Mr.ホワイトサーフェイサー1000を使用しました。

CITADEL COLOUR(WRAITHBONE)

今回はコントラストで肌を塗ったため、事前に下地を塗装しました。

ZEBRA McKee(RED)

頭飾りの細かな部分の赤色を、ゼブラマッキーの極細で入れました。

CITADEL COLOUR(MEPHISTON RED)

続いて同じく頭飾りのてっぺんの赤を入れました。

CITADEL COLOUR(MOURNFANG BROWN)

頭飾りの塗装が続きます。次は茶色。

CITADEL COLOUR(RETRIBUTOR ARMOUR)

頭飾りと、パンツの部分の金を塗りました。

CITADEL COLOUR(GRYPH-CHARGER GREY)

今回の塗装のメインカラーの青を塗ります。

GUNDAM MARKER(Sumi pen BLACK)

最後に目は、ガンダムマーカーを使いました。

after(塗装後)

塗装後です

トップコート(つや消し)仕上げしています。

塗料のまとめ

今回使用した塗料のまとめです。
下地としてMr.サーフェイサーホワイト1000を使用しました。

CITADEL COLOURBASEWRAITHBONE
ZEBRA McKeeB-YYTH3-RRED
CITADEL COLOURBASEMEPHISTON RED
CITADEL COLOURBASEMOURNFANG BROWN
CITADEL COLOURBASERETRIBUTOR ARMOUR
CITADEL COLOURCONTRASTGRYPH-CHARGER GREY
GUNDAM MARKERsumi penBLACK

合わせて読みたい記事

関連する内容であわせて読みたい記事

この記事を書いた人
m3-c blog運営者

京都府出身、現在東京都江東区住まいの40代半ばのパパさんです。
コロナ禍もあって30年ぶりに模型製作に取り組み始めました。
1980~90年代にワクワクしたヒーローたちのホビーを中心に仕事の合間に飽きない程度に作って情報アップしています。

2022年3月19日

Posted by エムサンチャンネル